股 黒ずみ 解消

股の黒ずみ解消について

左右両足の付け根は股ですが、丁度ローマ字のVと似ていますからVゾーンと称されたり、
ビキニの水着で隠される部分なのでビキニラインとも呼ばれます。

 

股、つまりビキニラインの皮膚は比較的角質層が薄いので、黒ずみになります。
しかし、そう大っぴらに他人に相談できないのが、股の黒ずみです。
ここで、その原因を探り、股の黒ずみ解消について説明します。

 

股(ビキニライン)の黒ずみの正体

端的に言えば、股黒ずみの正体は体内から分泌されたメラニンが皮膚に残っている状態で、
メラニン色素が肌に入り込むと黒ずんで見えます。
どうして股部分が黒ずむのかと言いますと、
この部分が下着などで摩擦して刺激を受けるからで、
人の皮膚が刺激を受けると、その刺激から皮膚を守ろうとする自衛本能で、
メラニンが生産されたり、ターンオーバーを促進しようとして角質層が分厚くなります。

 

股を刺激する要因

股部分の刺戟には物理的なものとそうでないものがあります。
物理的な刺戟は、下着や洋服との摩擦で、
具体的にはショーツのゴムの部分やタイトなジーンズ、ズボンなどでの摩擦です。

 

そうでない刺激には、紫外線があり、
時にはストレスが股黒ずみの原因になるとも言われています。
また、何かの理由で皮膚に炎症が起きるとメラニン色素が沈着することがありますし、
かぶれや痒みを手で掻くのも刺激になります。
さらに間違った脱毛処理も股黒ずみを招きやすくなります。

 

股(ビキニライン)黒ずみのケア

股黒ずみのケアの第一は、できるだけ下着や洋服との摩擦を避けることです。
また、自分で脱毛する際にも毛根がある皮膚を刺激しないことです。
そして、即効性はありませんが、黒ずみ改善の成分が配合されている
ローションやクリームなどを使い続けましょう。

 

できるだけすぐに股の黒ずみを解消したい時には、
美容皮膚科やクリニックで治療を受けることです。
皮膚科治療では漂白作用があり、メラニンの生産を抑える外用薬を処方してくれます。
また、抗酸化作用があるビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などの内服薬もあります。

 

肌の老化が股の黒ずみを誘発

30代に入ると股が黒ずむ人が増えてくるようで、
この場合黒ずみはほかの部位にも出てきます。
特にデリケートな部位の股に黒ずみが誘発されます。

 

加齢で股黒ずみが誘発される

加齢が誘発する肌のトラブルでは黒ずみが多いようです。
股や脇下、乳首は、メラニン色素の生成が活発で、肌がデリケートなので、
黒ずみを誘発しやすくなります。

 

皮脂不足で肌が乾燥しやすい

加齢で肌の皮脂の分泌量が減ると潤いが無くなり、肌が乾燥しやすくなると同時に、
外部からの刺激への抵抗力がダウンします。

 

そうするとメラニン色素の生成が活発になり、今度はメラニン色素が多すぎて、
股黒ずみになります。

 

股や脇下、乳首は下着による摩擦が起きやすいので、肌が乾燥していると、
少しの摩擦も大きな刺激になり、メラニン色素が増えてしまいます。

 

肌のターンオーバーの崩れ

肌のターンオーバー周期は、通常では約1か月ですが、20代半ばから肌に加齢が始まると
ターンオーバーの周期がだんだんと長くなり、代謝機能が鈍ります。
そうすると肌にダメージが溜まっていき、それが生まれ変われない状態になります。

 

ターンオーバーが活発なら肌のメラニン色素は黒ずみにならずに入れ替わりますが、
ターンオーバーが崩れると入れ替わるタイミングが遅くなります。

 

ホルモンバランスの異常

加齢は必然的にホルモンバランスの乱れを伴います。
ホルモンバランスが異常を来すと、エステロゲンという女性ホルモンの生成量が減り、
肌の状態が悪くなります。

 

なお、生理期間中と前後は、生理がホルモンバランスを乱しますが、
それはエステロゲンの生産量が低下するからです。

 

加齢が原因でホルモンバランスの異常があると、刺激に弱い股などの肌に影響して、
股黒ずみが誘発されます。
さらにメラニン色素が増えるという悪循環の状態になります。
股 黒ずみ 解消